乳児 便秘解消法 生活リズム

乳児の便秘を解消するための生活リズムとは

乳児の便秘を解消するために、最も効果的なのは、生活リズムを整えることです。

排便をスムーズに行うためには、規則正しい生活を送ることが大切です。
大人でも、忙しくてトイレにゆっくりと座る時間がない時や、1日中外出している時など、普段と違う生活リズムになると、排便をするタイミングを逃してしまいますよね?

乳児も同じです。
いつもと違った生活リズムになってしまったり、毎日不規則な生活リズムである場合は、便秘になりやすくなります。

規則正しい生活を送っていると、自律神経が整えられ、便秘にならなくなります。

では、どういった点に気を付けたら良いのか、わかりやすくご説明します。

便秘になりにくい生活習慣


生後3〜4ヶ月頃から生活リズムができ始めるので、朝決まった時間に起こすようにしましょう。
遅くまで寝ていてくれれば、家事がはかどったり、自分の時間が持てるのに、と思う方もいると思いますが、朝決まった時間に起きることは、赤ちゃんにとっても大切です。

・運動や、散歩も自律神経を整えるのに、非常に大切です。
激しい運動は必要ではないので、時々公園を散歩するなどしてみてはいかがでしょうか。

お風呂にゆっくりつかりましょう。
入浴することも、自律神経を整えるために効果的ですので、ぬるめのお湯にゆっくりつかり、リラックスさせてあげましょう。

・おっぱいやミルクを飲むことによって、排便が促されることも多いので、定期的に授乳やミルクを与えて下さい。

栄養バランスが偏ると、便秘になりやすくなるので、離乳食が始まったら、いろいろな食材を使って、離乳食を作ってあげましょう。

・睡眠は、自律神経を整えるために、最も重要です。
毎日決まった時間にお布団に入れ、静かで暗い環境にしてあげて、ゆっくり眠れる環境を整えてあげて下さい。


生活リズムが整ってくると、排便のリズムも整ってきます。
便秘がちかな?と思う場合は、生活リズムを見直してみてください。


乳児の便秘関連情報