乳児 便秘解消法 砂糖水 果汁

砂糖水・果汁を摂取して乳児の便秘を解消する方法

砂糖水や果汁に、乳児の便秘を解消する効果があることをご存知でしょうか?

生活リズムを整えたり、マッサージをしたり、様々な方法を試しても効果がない場合、最終手段として試していただきたいのが、砂糖水や果汁です。

砂糖水や果汁には、腸内の水分を補給して、便を軟らかくして排便しやすくする効果があります。

乳児の場合は、10%の糖水を与えてみて下さい。
コーヒーのスティックシュガーなら6gなので、これを哺乳瓶に入れ、60mlになるまで湯ざましを加えると、簡単に10%の糖水を作ることができます。

これを1日1回与えてみましょう。
いくらひどい便秘だからと言って、1日に2〜3回あげてはいけません。
血糖値が上がり、甘いもの好きになってしまいますので、1日1回にしてください。
果汁を与えるときは、便を柔らかくする効果があるオレンジなどの柑橘類がオススメです。
果汁を与えるときは、果汁を2〜3倍の白湯で薄めたものを、30mlを限度に、1日1回与えましょう。

果汁には、整腸作用があり、食物繊維が豊富なものが多く、また、浸透率が高いために、腸の動きを活発にし、排便を促す効果があります。

オレンジなどの柑橘類だけでなく、ブドウやリンゴ、パイナップルなどもオススメです。

果汁は、甘くておいしいので、赤ちゃんも大好きですが、喜ぶからとって、たくさん与えてしまうと、かえって下痢になってしまうので、量は必ず守ってください。


砂糖水や果汁は、乳児が大好きな味なので、くれぐれも与え過ぎないようにしてください。

乳児の便秘関連情報