乳児の便秘は、どのくらいでなかったら便秘?

「昨日でなかったけど、便秘かな?」「どのくらいでなかったら便秘なんだろう?」と疑問に思っている方の為に、乳児の便秘の目安についてお話します。


かわいいお子さんのウンチが出なかったら、ちょっと心配になりますよね。
例えば、毎日すっきり排便があるのに、1日でなかったら、「あれ?どこか悪いのかな?」と不安になる方もいると思います。

確かに、毎日排便があるお子さんの場合、1日でもでなかったら、便秘かな?と思うかもしれませんが、お腹が張って苦しそうであるなど、他の症状がない場合は、様子をみて大丈夫です。

また、2日に1回の排便のリズムのお子さんが、2日でない場合も、同じことが言えます。

ここで、注意してほしいのが、便以外の様子です。

お腹が張って苦しそうであったり、激しい腹痛を訴える、嘔吐、排便時に出血するなどの症状がある場合は、便秘であると言えるでしょう。
つまり、2日でなくても症状がない場合は便秘ではありませんし、1日でないだけでも症状がある場合は、便秘と言えるのです。
また、ウンチの固さも判断材料になります。
例えば、3日に1回のペースで排便していても、ウンチが柔らかくスムーズに出て、腹痛などの症状がない場合は、便秘ではない場合がほとんどです。

排便のリズムは非常に個人差が大きいため、何日でなかったら便秘と、はっきりと定義することができないのです。

便の量は、食べる量にも比例しますので、たくさん食べる子と、そうでない子の便の量や回数は異なって当然なのです。


乳児の便秘を判断するには、日頃からお子さんのウンチの状態や様子をしっかり見ておくことが大切です。

便がでないと同時に、気になる症状が出たら、早めに対処してあげましょう。


乳児の便秘関連情報