乳児の便秘には、安心して飲ませられるオリゴ糖が良いですよ

乳児の便秘でお悩みの方の為に、乳児の便秘をどのようにしたら解消できるのかについて、ご紹介します。

乳児の便秘を解消するには、まず乳児の便秘について知る必要があります。
どのような場合に、乳児の便秘と判断するのか、その目安や、便秘の原因、便がでない以外の症状、どのような場合に病院に行ったらよいのかについて、詳しくご紹介しています。

さらに、乳児の便秘に関する疑問や質問を集め、Q&A方式でご紹介しています。
それぞれのページをご覧いただき、乳児の便秘について理解していただいた上で、次にご紹介する様々な解消法をお試しください。


かわいい赤ちゃんが便秘で苦しんでいたり、機嫌が悪いなど、様々な症状が出ている場合、なんとかして解消してあげたいと思いますよね。

すぐにでも便秘を解消してあげたいと思っていても、下剤などの薬ではなく、できれば自然な形で排便を促してあげたいと思うと思います。
ここでご紹介している解消法は、どれも赤ちゃんに負担をかけることなく行える方法です。

生活リズムを整えることによって、排便のリズムをつける方法や、マッサージによって腸を刺激する方法、離乳食をみなすことによって、便秘を解消する方法や、便秘解消効果がある食べ物を積極的に取り入れる方法など、日常生活の中で行える方法が中心です。

また、すぐに便を出してあげたいときに有効な綿棒浣腸の方法もご紹介しています。

さらに、様々な方法を試しても効果がない場合にオススメするとっておきの方法である砂糖水や果汁、腸内環境を整えたり、腸の蠕動運動を促して、排便を促すオリゴ糖やマルツエキスなどの効果的な方法をご紹介しています。

どれも、乳児の便秘解消に高い効果が期待でき、自宅で手軽にできる方法ですので、試してみて下さい。


乳児の便秘あるある

乳児の便秘について


1歳未満の乳児でも便秘になることがありますが、この時期に便秘を解消し、便秘になりにくくしておかないと、今後も便秘に悩まされることになります。
少しくらい硬いウンチでも毎日出ていたり、何日かに1度のサイクルで排便していれば、あまり気にしない方もいるのではないでしょうか?
子供によっては毎日出ないこともありますので、毎日出ないからと言ってそれが全て便秘と言うことはできません。
しかし、便が出ていても固い場合は、便秘気味と言えます。
便が固いと、ウンチをするときに力を入れなければなりませんし、お腹やお尻に痛みを感じることがあります。
それをそのままにしておくと、ウンチをすること=痛いものとしてとらえてしまい、便意を感じてもウンチを我慢するようになり、便秘を悪化させてしまうのです。
そうならないためにも、ウンチが硬いなと思ったら、できるだけ早く改善してあげることが大切です。


間違った対処をしていませんか?


乳児の便秘に気づいたら、できるだけ早く改善してあげることが大切です。
少し便が固くても、毎日出ているからいいかな?ではなく、便の硬さに気づいたらすぐ対処しましょう。
乳児のお尻は非常にデリケートですので、硬い便をするたびに肛門が切れて血が出てしまうことも少なくありません。
そうなってはウンチの度に泣き叫ぶことになってしまいますので、できるだけ早く改善してあげましょう。
ママの中には、便が硬くなってでにくくなったら、指でかきだすという方がいますが、これでは痛いばっかりで子供には辛いですし、根本的な改善にはなりません。
また、便秘になったからと言って、浣腸で出すのもやめましょう。
浣腸を頻繁に使っていると、癖になってしまい、自力で排便できなくなってしまいますので、まずは違う方法で便秘改善に努めましょう。

乳児は、おむつの中にウンチをするので、母親は、ウンチの状態を把握しやすいと思いますので、毎日ウンチをチェックし、普段と違うなと感じたら、できるだけ早く改善してあげましょう。


乳児の便秘改善法


乳児の便秘を改善するには、まず食生活を見直しましょう。
乳児の便秘の原因の多くが、食生活によるものです。

よくあるのが、離乳食の段階を進めた時に起こる便秘です。
離乳食の段階を進めた時に便秘になった場合は、段階を戻したり、食材を柔らかくするとよいです。
また、食物繊維を多く含む食べものを摂りたいところですが、繊維が多かったり硬いものが多いので、少し食べにくいかもしれません。
そういう場合は、できるだけ細かく刻んだり、ミキサーにかけてトロトロの状態にし、スープなどにするのがおススメです。
乳製品も効果があるので、無糖のヨーグルトをおやつに利用するのも良いと思います。
食生活を改善することによって、便秘が改善されるだけでなく、便秘になりにくくなりますので、やってみてください。

運動不足も便秘の原因の一つですので、おむつ替えの度に、足を延ばしたり縮めたりする屈伸運動をしたり、お腹のマッサージをするなどしてみてください。
その他にも、オリゴ糖を利用する方法や、マルツエキスを利用する方法、綿棒浣腸などもありますが、月齢が小さいうちは、小児科で相談したほうが良い場合もありますので、お子さんの状態に合わせて色々な方法を試してみてください。